ノブレスオブ・リージュ、それは中世から現代へと続くSDGsの精神

Raffaelloの社会活動は「ノブレス・オブリージュ」というヨーロッパの王侯貴族が社会的責任として自らに課してきた理念に基づいて活動しています。

ノブレス・オブリージュとは、「富める者はより多くの義務を負わなければならない。」という
中世ヨーロッパの時代から貴族や王族などの権力者が自らに課してきた社会的責任のことです。

現代では2015年の国連サミットでSGDsと名前を変えて社会の持続的発展を目指す目標が採択されましたが、実は中世の時代からノブレス・オブリージュという言葉で社会のための奉仕活動をしてきた歴史があります。
ラファエロは理想に向けて少しずつ実践を積み重ねていくことが大切だと考えSDGsという言葉が生まれる前から社会の持続的発展のために活動してきました。

革製品を通したSDGs活動。貧困を無くし、人や国の不平等を無くし、教育をすべての人へ

RaffaelloはSDGsの17のゴールのうち、

1.貧困を無くそう
4.教育をみんなに
5.ジェンダー平等
8.働きがいも経済成長も
10.人や国の不平等を無くそう


という5つに取り組んでいます。

アジア最貧国と言われるバングラデシュで事業活動を行い、取引先にもイタリアで修行した革職人と協力しシングルマザーや障害者を積極的に雇用している企業とパートナーシップを結んで不平等な社会を改善する事業構築をしています。

児童労働や搾取的な労働を強いる企業とは絶対に取引しません。

このような取り組みで、人や国の不平等を無くし、貧困を無くすことに繋がっていくと信じています。

また、「4.教育をみんなに。」については財団法人シャプラニール様へ寄付を行い、
学校へ通えない子供たちへの教育活動へ協力しています。

売上の一部はバングラデシュの子供たちの教育支援へ寄付させていただいております

お客様からいただいたRaffaello製品の売上の一部は、
バングラデシュで学校へ通えないストリートチルドレンたちの教育支援をしている財団法人シャプラニール様へ寄付させていただいております。

金額については年によって異なりますが、
2年連続で純利益の10%を寄付させていただきました!

恵まれた日本とは違って最貧国では本人の努力や才能とは無関係に貧困によって文字も読めず
強制的に発生する労働によってその可能性を潰されチャンスすら掴めない子供たちがたくさんいます。

私たちRaffaelloはお客様とともにそんな不平等な世界を変える活動をしていきたいと願っております。

お客様もノブレス・オブリージュの実践者です!!

最後に、お客様もノブレス・オブリージュを実践者であり、
社会をより良くする循環型共生社会を目指す一員であるということをお伝えさせてください。


Raffaello製品の売上の一部はストリートチルドレン達の教育に使われているだけでなく、バングラデシュで雇用を生み出しています。

寄付と途上国の支援というRaffaelloのミッションによりSDGsのゴールである貧困を無くし人や国の不平等を無くす社会活動になります。

つまり、Raffaello製品をお買い上げいただき使っていただくということは自動的にノブレス・オブリージュを実践しSDGs、つまり持続的に発展する循環型共生社会への後押しをしていることになるんです!

ぜひ、その支援活動をご認識いただき誇りを持っていただきたいです!!

1人、1人の力は大きくないかもしれません。でも1人、1人がノブレス・オブリージュやSDGsを意識することで確実に世界はより良い世界へと変わっていきます。

これからもRaffaelloはお客様と一緒に貧困や不平等を無くす理想に向けて活動を続けてまいります!